私たち「ハピママメーカープロジェクト」は「夜の世界で働くシングルマザーが、自信・誇りをもって安心して働ける社会づくり」の実現を目指して活動しております。

夜の世界(風俗・キャバクラ等)で働く女性たちは、一流の女性達は独自ブランドを立ち上げ会社を設立したりと輝かしい活躍をされている方がいる一方で、やはりその他の大部分は不安定な労働環境に置かれ、周囲から理解を得ることもなかなか難しく将来に対して不安を抱えて生きています。子どもを育てながら夜働く女性たちもいます。

夜の世界の職場環境に対し、問題を感じる一方で、それらの問題を解決するためには、ナイトワークが社会から職業の一つと認められることが不可欠だと思います。

そのため、私たちは必ずしも女性達に夜の世界から足を洗わせることや夜の世界で働かせないことが大切なことだとは思っていません。

大切なのは、他の職業と差異なく、「彼女たち自らが考え、選択していける」環境を整えていくことだと考えます。

私たちは夜の世界で働く女性たちの自助ネットワークを構築し、

・フードパントリー事業

・セカンドキャリア支援(必要、希望に応じて昼職への転職支援・独立支援)

・託児サービス

を計画しております。

                           代表 石川  祐一